From London to Bethesda_zzz


London days
by london_zzz
カテゴリ
最新のコメント
みみさん 私は友人..
by london_zzz at 01:26
ZZZ様 私も同じくで..
by みみ at 10:43
みみさん 日本人に..
by london_zzz at 08:45
ZZZ様 私も外国..
by みみ at 11:12
みみさん 現地参戦..
by london_zzz at 01:00
London ZZZ様 ..
by みみ at 09:58
みみさん 削除され..
by london_zzz at 06:03
ありがとうございます。 ..
by みみ at 22:32
みみさん なんとか..
by london_zzz at 07:12
見た〜〜い!!! ..
by みみ at 18:10
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Tax return 2017

今年も確定申告の季節がやってきました。
昨年は滞在日数が不足していたため、非居住者として申告。今年は規定日数に足りているので、居住者として申告するから、また新たにおべんきょです。

昨年は、滞在日数が申告に関係すること、申告用紙も異なることを全く知らなかったので、居住者と同じ申告方法で標準の免除額を差し引いて「かんたん!かんたん!」で終わらせてました。
提出期限間際になって、滞在日数が不足している非居住者は標準の免除がないこと、私が参考にしていた日本からの留学生くんのやり方とは、VISAが違うため申告方法が違うことがわかって、慌ててやり直すことに。
その時居住者としての申告方法の記憶がすべて消去されてしまいました。

日本でも青色申告してたので、基本的な事は同じはず。
まずはネット上で簡易計算ツール使ってをやってみたところfederal tax(国税)が$600ぐらいMaryland 州税が$90ぐらいもどってくるみたい。
俄然やる気になります!これを目標にがむばります!

W-2という源泉徴収票(というのかどうかはわかりませんが)はすでに支給されているので、まずはこの数字をいれて計算してみたら、$300ぐらい逆に支払わなくてはいけないことに。
いやいや、そんなはずはない。
ネット上のHow toものを探しながら、経費や免除額を慎重に確認。

ああでもない、こうでもない。何度か試行錯誤しているうちに今、やっと国税が$90還付されるところまでこぎつけました。あとは、IRAと呼ばれる、退職後の個人年金の積立額が一部免除になるので、これを差し引いて計算すれば、ネット上の簡易計算の還付額に追いつくかな…
還付されるのはとても嬉しい。

このやり方、来年のために忘れないようにしなくちゃ。


by london_zzz | 2017-01-29 03:10 | Bethesda_zzz | Comments(0)
<< Snowing Strong wind >>