From London to Bethesda_zzz


London days
by london_zzz
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のコメント
みみさん 削除され..
by london_zzz at 06:03
ありがとうございます。 ..
by みみ at 22:32
みみさん なんとか..
by london_zzz at 07:12
見た〜〜い!!! ..
by みみ at 18:10
みみさん 外国から..
by london_zzz at 00:53
ZZZ様 アメリが..
by みみ at 10:37
弓らもさん ここ数..
by london_zzz at 02:33
今朝の新聞、テレビでも取..
by 弓らも at 15:21
みみさん このTV..
by london_zzz at 10:36
跳ねてる! 跳ねてる! ..
by みみ at 22:11
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Cotswolds( 7 )


Cotswolds-7

Burton-on-the-Water
d0089685_19292653.jpg
d0089685_19274083.jpg
ウイリアムモリスが世界で一番美しい村と賞賛したBibury
d0089685_19312886.jpg
この後、急激な大雨でここで引き返す事にしました。ちょうど日本人のバスツアーが到着して傘を持たずにバスを降りてきてしまった人達は、お気の毒でした。ホントに急激な雨だったから。
その後30分ぐらいで空は晴れ上がり、ちょっと時間に余裕ができたのでアン・ハサウェイの家に寄り道
d0089685_19333561.jpg
ロンドンで働くセレブが週末を過ごすわけがとってもよくわかりました。

次回は花が最盛期の頃、車の運転ができるオンナ友達と訪れたいです。
理系のヒトとは、ど〜もうっとおしくて...

by london_zzz | 2010-09-29 00:48 | Cotswolds | Comments(0)

Cotswolds-6

翌日は夕方6時の電車にまにあうよう行けるところまで行って引き返してくるというおおざっぱな計画で出発しました。
Lower & Upper Slaughter
d0089685_19203540.jpg
d0089685_19201043.jpg

Pubulic footpassの案内がたくさんあるのでおやつと水を持って歩いてみることにしたけれど、風が強く長袖ジャケットに帽子とマフラーでも寒い!
前を歩く半袖Tシャツに短パン素足で大型犬の散歩をさせているカップルは地元の人達のようで、すいすい裏道に入っていきます。犬は飼い主が小川に投げた木ぎれを、水の中から拾ってきて自慢げにブルブルブルッ!
冷えた体に水がかかって冷たい!

15分ぐらい経過後、私達はすっかり冷えきって車に逃げ帰りました。
おやつも水も必要なかった。
こういう散歩を楽しむには、まずこの寒さに耐えられる体に鍛え直して
「どんなに寒くても散歩は楽しいんだ!」という強靱な心を持つ事から始めなくてはいけないみたい。

by london_zzz | 2010-09-28 18:54 | Cotswolds | Comments(0)

Cotswolds-5

大目的だった2つの庭園に行けたので、あとは車で回りながら写真を撮って明日夕方6時の電車に乗れればもうそれで大満足です。今こうして最盛期の写真と比較するとちっと寂しい庭だけど、中を歩いている分には充分楽しめました。
ここから先ははおまけ。
Broadway Tower
d0089685_1636462.jpg
Chipping Compden 茅葺き屋根の家
d0089685_16364982.jpg
Chipping Compden 名物の蜂蜜色の建物
d0089685_16374941.jpg
ホテルをとった小さな村、Mickletonの普通の民家。
写真を撮ろうとして近づいたらお食事中でした。
d0089685_16383743.jpg
郵便ポスト
d0089685_16395428.jpg
ひづめの音に振り返ったら馬車が。
d0089685_1641560.jpg
B&Bには何回か泊まったのですが、どぉ〜も相性がよくないようで、泊まるのが恥ずかしくなるようなtoo muchな装飾の部屋だったり、これじゃ普通の家だろってなキッチンの隅っこで朝食だったり。
このホテルは、ほどほどな装飾で、朝食のお世話係のボーイくん達は、地元の中学生?高校生?のアルバイトのようだったけど、いっちょまえに振る舞っていてほほえましく可愛かったです。
d0089685_2503253.jpg


by london_zzz | 2010-09-05 02:45 | Cotswolds | Comments(0)

Cotswolds-4 Snowshill Manor Garden

ぶつぶついいながらSnowshill Manor Garden に到着。
改装のため建物内には入れないので庭園のみの入場料で半額!らっきぃ〜!

カフェの前でダンスパフォーマンス中でした。友達が送ってくれたCotswolds旅番組で彼らのリハーサル風景を紹介されてました。
おじさまたちがとってもたのしそ!
d0089685_16313771.jpg
d0089685_1632847.jpg
白いくじゃくばと。望遠での撮影練習。
d0089685_16421676.jpg
d0089685_16414526.jpg
d0089685_16433453.jpg
d0089685_16431020.jpg
d0089685_16424522.jpg


National TrustもKewのように年会費を払って会員になれば、団体をサポートすることにもなるし、こういった庭園の入場も無料になります。
Kewと同じシステムです。
私達も入会を勧められましたが、Kewはバスで気軽に行けるけど、National Trustの指定地には電車やバスを乗り継ぐか、車でないとアクセスできません。
こんなことでもないと行く機会もなさそうだしなぁ...

by london_zzz | 2010-09-04 00:30 | Cotswolds | Comments(2)

Cotswolds-3 Kiftsgate Court Garden

つぎにめざした庭園 Kiftsgate Court Garden。
d0089685_3105925.jpg

Hidcote Manor GardenとKiftsgate Court Gardenの2つの庭園は以前に日本のTV番組で取り上げられているのをたまたま見てました。
Kiftsgate Court Gardenは女性3世代で作り上げた庭ということです。
d0089685_3183727.jpg
d0089685_319628.jpg
d0089685_3193596.jpg
d0089685_319597.jpg


そしてまた、あとはお願い!
Kiftsgate Court Garden

つぎに向かったSnowshillは最初からこの方にまるなげです。
Snowshill
というのもSnowshillの目的はラベンダー畑でした。
最盛期は7月なのですがウチの近所の庭のラベンダーはまだ香りが強かったし、サイトで確認したところ天候不良の影響で今年は遅くまで楽しめると書かれていたからちょびっと期待してました。
が、しかしそれは大嘘でした!

by london_zzz | 2010-09-03 00:35 | Cotswolds | Comments(0)

Cotswolds-2 Hidcote Manor Garden

朝、食事中にMだ氏の歯の詰め物がポロリ。
痛みがないし、ここにいても3連休だから救急でもない限り医者には診てはもらえないし、どこもキャンセル不可の予約なので行っても行かなくてもかかる料金は同じだし、なにもなかった、見なかったことにして、家をでました。

Marylebone駅からStratford upon avonまで直行で2時間ちょっと。
4人掛けのお仲間は留学生らしい日本人のおじょうさん2名。
朝ご飯のサンドイッチを食べてポテチを食べてチョコを食べてコーヒー飲んで。食べるだけ食べて寝てしまいました。

予想外に快調に電車は走ってくれて予定時刻近く到着。
再度確認の電話もしてるしレンタカーやさんも問題ないはず... なのに

「クレジットカードと運転免許証と書類を見せてちょうだい」
「えっ?書類って?」
「この免許書と一緒にもらった書類よ。普通は持ち歩く必要はないけれど、レンタカーはそれがないと貸せないの」
「・・・」

き・聞いてないよぉ〜

そんな書類はもってきてない。今ここで車が借りれないととっても困る。
必死でくいさがったら、どこへか電話してくれました。
電話の相手といくつかの質問事項を口頭で答え、手続きの超過料金を払って貸してくれることになり、やれやれ...
旅先でのこういう精神的なアップダウンはとっても疲れます。

最初の目的地 Hidcote Manor Gardenに到着。
地図では手前の小さな村 Mickletonを抜けたらすぐ左折。が、村の大きさがイメージより遙かに小さく、地図に眼をおとしているすきに通り過ぎてしまい、どこまで行っても左折する道がなく、引き返すことに。
d0089685_19503975.jpg
典型的な英国庭園です。思いがけずたくさん花が咲いてます。
さすがNational Trust。
d0089685_21462769.jpg

1つ1つ部屋が生け垣で仕切ってあって、この小さな窓のような出入り口から入場します。1つ1つの部屋はそれぞれテーマを持って庭が造られているのがこの庭園の特徴です。
d0089685_2147632.jpg
d0089685_3221119.jpg


この方が花が最盛期の見頃の時期を詳細にレポートされてます。
あとはまかせたっ!
Hidcote Manor Garden


庭園内から見え隠れしていて、ずっと気になっていた茅葺き屋根の家。
庭園の外に出て探してみました。普通の民家でヒトが暮らしてます。
ガイドブックによると保存の状態が良ければ、数億円という話し。
d0089685_21494929.jpg
d0089685_21492414.jpg


by london_zzz | 2010-09-02 00:41 | Cotswolds | Comments(0)

Cotswolds-1

在英生活も3年目が終わろうとしているのにいまだ未踏の地でした。
4年前の短期滞在中も計画倒れで終わったし。

情報は多くのブログで取り上げられてますが、私はここを参考にさせてもらうことにしました。Stratford upon avonでレンタカーを借りて庭園巡りをしながら南下していくが基本のルートです。
Cotswolds

まずは最寄り駅 Ealing broadway駅から Stratford upon avonまでの鉄道チケットの購入から。ネット購入が安いのですが、ほんとにわかりにくいんです。同じ場所に行くのに、なんでこんなにチケット料金がまちまちなんでしょう。
Cantuberyの時は最初の検索では2人で往復100ポンドを超えていたのですが、いろいろさまよっているうちに54ポンドの最安値にたどり着きました。

2〜3日前のBBCニュースでもキャスターが安いチケットを探すのがたいへん!と鉄道関係のお偉方に訴えてました。えっ?イギリス人でも大変なの?
しかもこんなエースキャスターが安いチケット探すんだ...

キャンセル不可の往復チケットを購入したら次はレンタカーの予約。
これがまた悪名高く、ちゃんと予約していたのに用意してなかったり、オートマのはずがマニュアルだったり。ネガティブな情報がてんこ盛り。しかも!3連休だというのに、土曜日は12時までの営業で日曜日・月曜日は連休。

ただでさえ定刻通りに動いてはくれない鉄道の到着予定が11時12分で12時の閉店に間に合うんだろうかしら。ここで車が借りれなかったすべての計画は、おじゃんなのに。

そしてホテル。Cotswoldsに行くならB&Bかマナーハウスよね。
それはよぉくわかっているのですが、なにしろ思い立ったのが2週間前なのでどこも満杯。希望の場所からは大きくはずれた小さな村の小さなホテルに予約しました。これも車がないとたどり着くことはできません。
d0089685_242036.jpg


by london_zzz | 2010-09-01 00:57 | Cotswolds | Comments(0)