From London to Bethesda_zzz


London days
by london_zzz
カテゴリ
最新のコメント
みみさん 私は友人..
by london_zzz at 01:26
ZZZ様 私も同じくで..
by みみ at 10:43
みみさん 日本人に..
by london_zzz at 08:45
ZZZ様 私も外国..
by みみ at 11:12
みみさん 現地参戦..
by london_zzz at 01:00
London ZZZ様 ..
by みみ at 09:58
みみさん 削除され..
by london_zzz at 06:03
ありがとうございます。 ..
by みみ at 22:32
みみさん なんとか..
by london_zzz at 07:12
見た〜〜い!!! ..
by みみ at 18:10
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:Art Fund & Museum( 13 )


Alexander McQueen 回顧展

V&Aで開かれていたAlexander McQueen 回顧展が50万人の入場者を動員して昨日終了しました。場内は撮影禁止だったので映像で少しでも伝われば...






別件で行った写真展では、ショーの打ち合わせ中だったのかな。
テンパってガチガチな表情のスタッフのみなさん達の中で、McQueen氏1人だけ笑顔で立ってる姿がとても印象的でした。
今後、こういうファッションデザイナーがでてきますかしらね...

圧巻の展示でした。私があれこれ言うのもおこがましいので
Alexander McQueen回顧展
Alexander McQueen
Alexander McQueen at V&A

by london_zzz | 2015-08-04 00:01 | Art Fund & Museum | Comments(0)

The magazine restaurant

通りがかったSurpentine galleryの隣の The magazine restaurant
d0089685_1353019.jpg
外観の全体像はこんなかんじ。(サイトから)
d0089685_1355834.jpg
中はこんなかんじ
d0089685_1391881.jpg
d0089685_1394183.jpg
(サイトから)
d0089685_140141.jpg
d0089685_140396.jpg
d0089685_1405534.jpg

外観から受ける印象や内装のデザインがとってもオサレで、入りにくかったのですが、でも歩き疲れ座りたかったので思い切って入ってみました。

意外におこちゃま連れのファミリーが大勢いて、居心地良かったです。
オーダーはマンゴ+ベリー系のスムージーだけでもOK。
こういう空き瓶?にいれて、ジュースをサーブするのがオサレとか...
何かで見たけど、ほんと?
d0089685_151296.jpg

The magazine restaurant

by london_zzz | 2015-05-22 01:33 | Art Fund & Museum | Comments(0)

Greetings from a Place in My Heart

日本から旅行で来ている友人が、ロンドンで奈良美智展覧やってるよ!
教えてくれたので、さっそく行ってきました。

ギャラリーは、昨年オープンした新ギャラリー・スペース「Dairy Art Centre」
タイトルは「Yoshitomo Nara:Greetings from a Place in My Heart」
入場無料!
d0089685_1718473.jpg
倉庫をリフォームしたのかな?
外から中がのぞけなかったらギャラリーとは思えませんでした。
d0089685_1814132.jpg
広々とした空間を贅沢に使って大きな作品が展示されてます。
d0089685_17134536.jpg
こんな巨大オブジェも作られるんですね。全然知りませんでした。
d0089685_1819517.jpg
d0089685_056575.jpg

d0089685_17132230.jpg
d0089685_17141578.jpg
d0089685_155444.jpg

d0089685_18143718.jpg
d0089685_18154743.jpg

Daily Art Center
Yoshitomo Nara:Greetings from a Place in My Heart

by london_zzz | 2014-10-22 00:40 | Art Fund & Museum | Comments(0)

Saatchi Gallery

Saatchi Galleryで開催中の Xavier Mascaróさんの作品群。
d0089685_0244884.jpg
d0089685_025656.jpg
d0089685_0252944.jpg
d0089685_0255071.jpg
d0089685_02683.jpg
New Art From Latin AmericaからRafael Gómezbarrosさんの作品。
この部屋に入ろうとした女性が、悲鳴をあげて後ずさりしてました。
d0089685_026392.jpg
d0089685_0265555.jpg
d0089685_0272175.jpg
素材は胴体の部分は、発泡スチロールのように見えるのですが、同じ形に削るのは難しいのでは?手足は木の枝。1つ1つのフォルムはとてもきれいだと思いますが、これだけあると、ちょっと...

Saatchi Gallery

by london_zzz | 2014-09-22 10:23 | Art Fund & Museum | Comments(0)

Dating at V&A

外でお茶は、寒すぎるので近くのV&Aのカフェに逃げ込みました。V&Aのカフェの3人のデザイナーをテーマに装飾された部屋はとても人気なので大混雑。人気の部屋は諦めて、シンプルなカフェに移動。一番奥の隅っこにやっと1テーブルみつけました。

つかれた〜 久しぶりに靴をはいたから足が痛い。 

ふと、左隣りのテーブル席に座ってる中年男性を見たら、旧フラットの大家が
そこにいる!!

思わず右方向に体をターンして彼に顔を見られないよう背中を向けます。
というのも、彼は明らかにデート中だったんです。
それもそれほど親しくはなさそう。多分お見合い!
彼宛の手紙の中に「Dating」関連のDMがあったので「早く住所変更しろよ!」
ぶつぶつ言いながら転送してたのでした。

こちらの情報は大家はすべて知ってるけど、大家の情報は何も知りません。
おかぁさんの話しはするけど、奥さんの話は聞いたことないし、こんなDMがくるぐらいだから、独身で相手を探しているのかなとは思ってました。

私達は、4人掛けのテーブルに座ったので、隣の席の大家とはちょっと距離があるし、Mだ氏は横並びに座っているので見えない。
「右、見ちゃだめ!あ〜たの隣に大家がいる!」「うそ!!!なんで!」

私達は、逆側をむいて大家からは顔が見えないようにして、耳をそばだてます。
話の内容は、速過ぎて全く聞き取れないけど、女性の機関銃のようなおしゃべりと、ハイテンションでかん高い笑い声が、なんか不自然。

なんでこんなとこで、こんな場面に遭遇するの!

どうする?挨拶する?
いやぁ、ちょっとこの状況じゃぁ...

2人の会話が途切れたら、タイミングを見計らって挨拶しようかとも思ったのですが、女性のハイテンションに圧倒されて居心地が悪く、大家に背中を向けたまま、サササとコーヒーを飲んで、そそくさと退散しました。

帰り際ちらっと女性を見たら、30代後半ぐらい。ショートカットで、黙っていたらとてもチャーミング。大家はおそらく50代前半ぐらい。
2人は、その後どうなったでしょうね。

しかし
なんで、V&Aのカフェにいるの?
なんで、私らが隣に座るの? それ、おかしいでしょ!

写真撮影を忘れたので、サイトから拝借しました。
d0089685_514125.jpg
V&A Cafe

by london_zzz | 2013-09-11 05:15 | Art Fund & Museum | Comments(0)

Serpentine Gallery

Kensington Gardensのサーペンタイン・ギャラリー夏季限定パビリオンに、日本人の建築家・藤本壮介氏の作品が展示されているので行ってきました。
Serpentine Gallery Wiki

ジャングルジムのように組み立てられたオブジェは、多目的スペースとして使用されていて、透明なアクリル板の上に座って、読書したり、お喋りしたり、お茶したり、思い思いに過ごせます。
d0089685_18101948.jpg
d0089685_18104169.jpg
子供達は大喜びで登ったり降りたりしてますが
d0089685_18293453.jpg
足下が透けて見えるというのは、高所恐怖症のオトナにはちょっと...
d0089685_1830683.jpg
d0089685_1811161.jpg
ずいぶん早い時期からオープンされていたから、もっと早く来るべきでした。
ここでお茶と思っていたのですが、寒くて足早に通り過ぎてしまいました。

by london_zzz | 2013-09-10 18:52 | Art Fund & Museum | Comments(0)

David Bowie is-2

私達は、Art fund 会員なので入場料は半額。オンライン購入では,自己申告のみで会員番号入力もなかったので、一応手に会員カードを持ってましたが、そのままスルー。こういうところは、おおらかでいいなぁと思います。
神様はちゃんとみてるんだからね。ってことなんでしょう。

まず、入口でオーディオガイドが手渡されました。
こっち側を表にして首からまっすぐかけて、ヘッドフォンを耳にあてて、ここに立ってちょ。今、ピアノの音が聞こえてる?ホントに聞こえてる?だったら中に入っていいよ。しつこく何度も何度も確認されました。
音声ガイドなんて,イマドキめずらしくないのに、なんでやねん?

このガイド機は、美術館などの音声ガイドとは違って、正面にある展示に自動的に反応して「いま見ているもの」の音声がヘッドホンから流れてくる仕組みになってました。そのおかげで音楽なしでは語れないBowie展を、他の人の鑑賞を邪魔しないし、邪魔されないで楽しめるわけです。

つい、試しにあっち行ったりこっち行ったりフェイントかけてみましたが、ちゃんと今みている映像に音が反応しています。素晴らしいです。
フト気がついたら,お隣でかなりふくらんだ巨漢おばちゃんが、Let's dance!
ゆっさゆっさ揺れてます。イギリスでは、Bowieファンも自由だわ。

MJもここまでは、できなかった。
さぞかし天国で悔しがっていることでしょう。
今後こういうイベントでの先駆けとして、このシステムはお手本になりそう。

残念だったのは、Bowieさんの衣装を着るマネキンがイマイチだったこと。
d0089685_0534592.jpg
自分でもびっくりだったのは、彼の写真やポスターや衣装にほとんど見覚えがあったこと。きっとこういうミュージックシーンに、一番興味を持ってみていた時代なんでしょう。
d0089685_054930.jpg
d0089685_313860.jpg
最後にBowieさんのライブ映像が巨大スクリーンに映し出されるコーナーがあったので、腰掛けて聞き入ってました。気がついたら8時を回っていて、お腹がすいて脚が疲れているのを思い出してしまったので、ここで撤退。

今回ニューアルバムをリリースしたことでツアーが始まるかな。

先日通りかかったSelfridgesでのBowie展は、すでに終了してました。
10時までにV&Aに到着すれば当日券ありのようなので、今もう一度行こうかどうしようか思案中です。

日本でも開催されること祈ります。
David Bowie is
David Bowie is

オフィシャルサイトで中の様子がちょっと見れます。
写真はここからお借りしてます。
V&A David Bowie is

おまけ
Ticket masterのサイトを見たら、£14が最高価格£150になってました。
オンライン購入のチケットは、添付で送られてくるのをプリントするだけ。
会場では,その紙を見せるだけ。
バーコードを読み込んだりしません。

これって...
日にちをかえるぐらい、ちょっとPCが使えれば誰にでも簡単にできます。

いやいや、神様はちゃんとみてますものね...

by london_zzz | 2013-06-14 01:02 | Art Fund & Museum | Comments(0)

David Bowie is

David Bowie is 行ってきました。
チケットは、前売りの売れ行きが、V&A Museum史上かつてない大人気というニュースを見て,まだ開催前の3月下旬に購入してました。
それでも週末の良い時間帯は、5月までSold out。
その時点では平日の朝とか夕方はまだ余裕があったのですが、ついこの間サイトをのぞいてみたらすべてSold outになってました。

土曜日夕方6時45分の入場チケットを持ってます。
直通で行けるDistrict lineはいつものことながら、動いてません。
V&A Museumの中でいくらでも時間はつぶせるし、中途半端な時間でガス欠になるのは避けたいから、時間まで中でお茶でも。余裕を持って出かけました。

V&A Museumの入口にはセキュリティーが数名いて
「閉館だよ」「へっ?!David Bowie is のチケット持ってるけど」「あ、それなら、ここまっすぐ行って左側に入り口があるから、そっち行ってちょっ!」

おっちゃんが指さす方には人の列ができてます。
前売り持ってるのに、外に行列?

入場口の行列でセキュリティのおっちゃんに確かめたら、今入場できるのは6時15分までのチケットホルダーで、これは6時30分入場者の行列だからキミらはその後だね。そうでした!チケットは15分ごとの入場でした。

土曜日の夕方だし、当然開館してると思い込んで、何もチェックせず来てしまいました。中でぬくぬくと時間をつぶすつもりでいたので、ジャケットは着てるけど、この冷たい強風にさらされて、外で待つのは辛い。近くの店をのぞくかお茶でもと歩き出したのですが、店は土曜日で早じまい。
カフェも外の席しか空いてないので、結局入場口までもどることにしました。

いろんな人が並んでます。...としか言いようがありません。
年齢も体型も人種も国籍もファッションも。
いかにも〜なワカモノや、同じ時代を生きたんだろうな〜なくせありシルバーエイジや、行列まちがえてませんか〜な普通のおばちゃんも。
私がジャケットにスカーフにジーンズにロングブーツでも寒いのに、半袖Tシャツのおじさんもいるし。

6時45分、ジャスト入場開始!
寒いよ〜 お腹すいたよ〜 脚が疲れたよ〜
最悪なコンディションで臨むことになってしまいました。
d0089685_16293624.jpg
d0089685_16295953.jpg


by london_zzz | 2013-06-13 16:31 | Art Fund & Museum | Comments(0)

Leighton House Museum-2

入館料はオトナ5ポンド。
Art Fundの会員は、会員カードを提示するだけで入館できるから、毎年2〜3回きているけど、裏庭の花の時期にあたったことがありませんでした。
今年は、グッドタイミング!チューリップとBluebellが満開。
d0089685_1294981.jpg
d0089685_1301187.jpg
d0089685_130427.jpg
d0089685_23392866.jpg
d0089685_131751.jpg
d0089685_23395250.jpg
d0089685_1313518.jpg
d0089685_1315570.jpg


by london_zzz | 2013-05-24 00:36 | Art Fund & Museum | Comments(0)

Leighton House Museum

ヴィクトリア朝時代の英国を代表する画家・彫刻家であるフレデリック・レイトン氏の私邸だった建物が、レイトンハウス博物館として一般公開されてます。
d0089685_1222216.jpg
d0089685_1224167.jpg
d0089685_1225454.jpg
d0089685_123823.jpg
残念ながら館内は撮影禁止なのでオフィシャルサイトからお借りしました。
d0089685_10343.jpg

↓↓館内の様子は、日系新聞の記事を読んで下さい。
Leighton House Museum ジャーニー
Leighton House Museum

by london_zzz | 2013-05-23 01:18 | Art Fund & Museum | Comments(0)