From London to Bethesda_zzz


London days
by london_zzz
カテゴリ
最新のコメント
みみさん 削除され..
by london_zzz at 06:03
ありがとうございます。 ..
by みみ at 22:32
みみさん なんとか..
by london_zzz at 07:12
見た〜〜い!!! ..
by みみ at 18:10
みみさん 外国から..
by london_zzz at 00:53
ZZZ様 アメリが..
by みみ at 10:37
弓らもさん ここ数..
by london_zzz at 02:33
今朝の新聞、テレビでも取..
by 弓らも at 15:21
みみさん このTV..
by london_zzz at 10:36
跳ねてる! 跳ねてる! ..
by みみ at 22:11
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:2007 London 90days ( 4 )


Tubeの光景  03/21/2008

d0089685_5242570.jpg
店内のディスプレーです。

私が使っているTubeの路線はわりと安全だし終点まで乗るので、ついウトウトしてしまうことがあります。私の足をけっ飛ばしながらExcuse me Excuse meという声で目をさましました。
目の前には、赤ちゃんを抱いたジプシーの少女が立ってます。物乞いですね。
こらっ!足をけっ飛ばして寝てるヒトをたたき起こすなんて、それがヒトにモノを頼む態度かい!
以前にも有名デパート付近で、同じようなジプシーの少女に声をかけられたのですが、どう見てもその子が抱いている赤ちゃんは人形でした。いろいろ事情はあるのでしょうが、そのしたたかさに同情する気にはなれませんでした。

日本ではすっかり当たり前になってしまいましたが、ロンドンでも車内でメークをするヒトがたまに、います。ただ彼女達は化粧品のボトルをそのままバッグにいれていて、出がけに時間がなかったので、鏡台の前のモノをかき集めて、つっこんできましたって感じです。昨日は、それがトワレでした。大きなボトルごと出してきてシュッ!シュッ!あんなもの持ち歩いて、重くないのかなぁ。小さなボトルに詰めかえるという小技を知らないのかしら。

Tube内での飲食は、ここは公園のベンチなのか?ってぐらい当たり前です。
おそらく私と同年代だろうと思われるの気品のある女性が、熱心に本を読みながら直径15cmぐらいの大きなデニッシュを、ぱくぱく食べてました。指に残ったベトベトをしっかりなめて、でも絶対に本から視線をはずさないで、背筋はシャン!日本ではありえない光景でした。
洋梨を皮ごと食べてる女の子がいて、私もりんごやブドウは皮ごと食べるけど、洋梨も食べられるのかなぁ... 帰ってから試してみたけど、食べられませんでした。
バナナの皮をむいて、その皮を座席に置いたまま出て行った女の子がいました。
リンゴの芯の食べかすが座席に座っていることもあります。
Tube内のお掃除係は、マジックハンドでひょいひょいとなんでも器用につまみ上げて、ゴミ袋に放り込んでいきます。さすがプロ!

食べかすでも何でも、どこにでも平気でゴミを置いていくイギリス人は、私のイメージするイギリス人とは、ほど遠くかけ離れたものでした。
きちんとゴミは、ゴミ箱に捨てる人種だと思いこんでいました。
そういう人種は、Tubeになんて乗らないのかな。

TubeはOyster Cardを改札口で読みとり機に軽くタッチするのですが、Mカちゃんはいつもカードを上からバシッ!とたたきつけていました。そんなに思いっきりたたきつけなくてもタッチするだけでいいのに。今でも改札を通るとき、そのMカちゃんのバシッ!を思い出します。
d0089685_5252037.jpg


by london_zzz | 2008-03-21 05:25 | 2007 London 90days | Comments(2)

Prince Harry 03/11/2008

d0089685_333394.jpg
ピンクのヘアーがあまりに素敵なペアーでした。前に回って撮影をお願いしたかった。
メイクもファッションもとってもオサレでした。脚がきれぇ〜!

アフガニスタンから帰ってきたヘンリー王子を、パパとおにぃちゃんが迎えに来ている様子がニュースで流れてました。普通の若い兵士が戦地から帰ってきたのを、普通に家族が迎えにきたようで、かなりびっくりしました。おにぃちゃんは普通のセーターで、パパも普通のジャケットで、ヘンリー王子が自分で1個、おにぃちゃんが1個、それぞれ迷彩バッグを肩にかついで出てきて、自分で車に積み込んでから、3人で車に乗り込みました。車は普通のハッチバックのファミリーカーのように見えました。Prince Harryが聞き取れなかったら、戦地から無事に帰ってきた、普通の家族の出迎えにしか見えませんでした。
私は、日本のあの方々が自分でスーツケース持って車に積んでるところなんて見たことないゾ。

BBCニュースなので、ヘンリー王子がどういう形であれ、戦地に赴くという事をイギリス国民がどういうふうに受け止めているのか微妙なニュアンスがイマイチよくわからないのですが、Front line(というから前線でしょ?)に10週間、駐留?おじゃま?していたのは事実のようです。
ネット上でヘンリー王子がアフガニスタンにいるということが流れちゃったので、回りが?本人が?危険なので強制帰国になったという話です。
ヘンリー王子がお客様扱いだったかどうかはわからないけど、迷彩戦闘服着てマシンガンもぶっ放してたし、機関銃持って歩き回ってもいました。
確かに顔つきが精悍にたくましく見えたけど、戦争に参加するという行為は、ダイアナさんの意志には反するのでは?

あれから、パパかおにぃちゃんが車を運転して帰ったのかしら。
覆面車でもなかったし、パトカーの先導ぐらいあるのかなぁ。
家でおばぁちゃんとママ(ははだけど)が、晩ご飯作って待ってるから。
あ、そう。でもその前にコンビニ寄ってくれる?お菓子買いたい。
そんな雰囲気でした。
BBCニュース
prince harryで検索すると関連のニュースが出てきます。
右端のヘンリー王子の上の方の顔をクリックすると、2分後ぐらいにニュース映像が始まります。

by london_zzz | 2008-03-11 03:05 | 2007 London 90days | Comments(2)

帰国しました 12/04

d0089685_12234419.jpg12月4日、予定通り帰国しました。
11月30日に荷物を送り出してから、私は発熱とひどいG痢で寝込んでしまいました。Mだ氏はぎっくり腰だし、ぎっくり&発熱・G痢ペアーで強行帰国というのもいかがなものかと出発当日の朝まで、まよったのですが幸い持参した薬が効いてくれて、快方にむかってくれているようなきざしがあったので、強行してみることにしました。チケットは帰国便の変更は可能なチケットだったので、いけるところまで行ってみて、だめだったらひきかえせばいいからぐらいのスタンスだったので、気分的にはとても楽でした。

ただ、あのまま私の発熱とG痢がなかったら、成田到着後私だけそのまま東京の実家にに直行してしまう可能性は高かったので、結果的にはよかったのかも。みなさんにはお楽しみが半減しまって残念でした。

日本に到着してデパ地下のお弁当やさんで「うんまそぉ〜!!」とはしゃぎまわって609円の普通のお弁当が普通においしいことにとてもしゃあわせをかんじました。地下鉄駅からの家までの帰り道「ほんの2〜3日留守にしていたみたいだね。」とても不思議な感覚でした。一番気がかりだった。カビ御殿もなんとか無事でした。

送った荷物が帰ってくるのかと思うと、かなりゆーつです。
http://www.daydream-web.com/ER

by london_zzz | 2006-12-07 12:25 | 2007 London 90days | Comments(0)

トイレ事情 09/15

d0089685_22351690.jpg旅行中のトイレ確保はとっても重要なチェックポイントです。
数年前に較べてスタバやその友達のカフェが濫立していて驚きました。繁華街だと10歩で次のカフェがあったり同じスタバが、見える範囲に2件あったりします。毎回コーヒーというわけにはいかないから水やジュースをボトルで買ってトイレに直行すれば問題なしです。もう1ヶ所は大英博物館です。ここは研究所から徒歩10分ぐらいで入場はただ!もうすでに2回お借りしたのですが銀行口座開設のためのアポイントがあったりしたので、まだ展示物は見てません。あまりに広いので矢印の方向に歩いていたはずが、いつのまにか矢印が逆方向になってたりしました。
研究所に行けばええやん!と思われるでしょうが、研究所で借りるには、受け付けで尋ねる相手に電話で確認をとってもらってから名前を書いてIDをもらって、首からぶらさげて、尋ねる相手が迎えにきてくれるのを待ちます。それからセキュリティチェックのドアを開けて中に入る事ができるのです。私のトイレごときで多くの人のお手間をかける事になってしまうのでスタバか大英博物館の方が気楽なんです。

by london_zzz | 2006-09-28 22:36 | 2007 London 90days | Comments(0)