From London to Bethesda_zzz


London days
by london_zzz
カテゴリ
最新のコメント
みみさん 私は友人..
by london_zzz at 01:26
ZZZ様 私も同じくで..
by みみ at 10:43
みみさん 日本人に..
by london_zzz at 08:45
ZZZ様 私も外国..
by みみ at 11:12
みみさん 現地参戦..
by london_zzz at 01:00
London ZZZ様 ..
by みみ at 09:58
みみさん 削除され..
by london_zzz at 06:03
ありがとうございます。 ..
by みみ at 22:32
みみさん なんとか..
by london_zzz at 07:12
見た〜〜い!!! ..
by みみ at 18:10
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


Halloween in farm market

今日は、アパートの入り口にまた冷房が入ってます。
ファームマーケットも、ちょこっとHalloween モード。
d0089685_03215019.jpg
かぼちゃにお絵かき
d0089685_03222111.jpg
d0089685_03230215.jpg
d0089685_03232821.jpg
d0089685_03235092.jpg


by london_zzz | 2016-10-31 03:24 | Bethesda_zzz | Comments(0)

Sharpning knife

結局午後2時前に「できたよ!」メールが来たけど、私はもう家にいたので
「明日行きます」と返信して翌日出直し。
2回目なので昨日ほど不安はないけど、でもやっぱりいやなかんじ。

建物の中に1歩入ると、駅からの道のりがウソのよう。
独立系の食べ物やさんが、平和にがんばってます。
d0089685_07051953.jpg
d0089685_07060451.jpg
d0089685_07063830.jpg
d0089685_07071318.jpg
さすがアメリカ。こんな人もいたりして。
d0089685_07081518.jpg
ちょうど私が受け取りに行ったとき、おにぃさんはサンドイッチを買いに行ってて留守。帰って来た時、手に持ったサンドイッチはとってもオサレなナプキンが敷いてあって、他のアメリカのカフェではおめにかかれない見栄えのよさ。ここに出店している店のコンセプトが、なんとなくわかるような。

で、包丁なんですが、いやはや。
これ、アタシの?てなぐらいぴかぴか光り輝いて帰ってきました。
昨日まで切れなかったトマトは、包丁を置くだけ。
包丁の重さで、すっと入っていきます。
買った時もこんなじゃなかったような。

お願いしたお店はこちら↓値段は刃の長さで計算される明朗会計。
3本で$49でした。高いかどうかは?

「3本のナイフが生まれ変わったよ!ありがとう」とメールしたら
ナイフが3本とgood!の絵文字が返信されてきました。




by london_zzz | 2016-10-30 07:23 | Bethesda_zzz | Comments(2)

Sharpning knife

探していた刃物やさんはこんなかんじの店構え。
d0089685_06063063.jpg
d0089685_06072499.jpg
d0089685_06075393.jpg
おにいさんに包丁を3本見せて
「今日中にできます?」
「順番だからね。2時かな」
「1本だけでも先にお願いして残り2本を郵送とかできます?」
「いいけど、送料の他に保険がかかるよ」
「毎日使ってるから、今日中にほしいけど2時はちょっと」その時11時前。
「1本貸すよ。できあがったらメール入れるから、取りに来てもいいし、そのまま帰ってもいいし。で、どう?」
「あ、それがいいかな」

どこかで時間をつぶせればいいのですが、あたりには何もないし、また駅まで往復するのもなんだし、ここは主に食べ物屋さんだから、3時間はちょっと...
1本貸し出してもらって帰ってきました。

ロンドンで研いでもらってた時は、1時間ぐらいだったし近くにチャイナタウンがあったから、買い物して時間つぶせたんだけどね。
あ〜車があったら...  って、あっても運転できないんだけどね。



by london_zzz | 2016-10-29 06:16 | Bethesda_zzz | Comments(4)

Sharpening knife

このあたりは古い倉庫街のようです。
d0089685_07040747.jpg
d0089685_07045324.jpg
d0089685_07054339.jpg
d0089685_07063335.jpg
ほんとにここでいいのかな?と思い始めていたら、やっと見えてきました。
d0089685_07073315.jpg
めざすunion market
d0089685_07085314.jpg
ここまで来たら、バギーで赤ちゃんを連れたママさんがいたり、おにいさん、おねえさんがカフェでコーヒー飲みながらPCとにらめっこしていたり、今までの道のりはいったいなんだったの?な、オサレなかんじ。

古い倉庫街をアレンジして生まれ変わらせる。というコンセプトなんですかね。
車があれば、アクセスも安全でラクチンなんだけど。

まずは、無事に到着できて、とにかく、ほっ!




by london_zzz | 2016-10-28 07:12 | Bethesda_zzz | Comments(0)

Sharpening knife

包丁が切れなくなりました。
以前は近所のキッチン用品やさんに、月1で出張研ぎ屋さんがきてくれていたのですが、最近そのサービスがなくなったみたいで困ってました。

自分で研ぐ簡単な研ぎ道具も持ってはいるのですが、刃こぼれしてしまうので、研ぎ屋さんにお願いしたい。検索してみたら、DCのUnion Marketの一角に刃物やさんがあって、研いでもらえるみたい。

包丁を3本持って、Metroの最寄り駅から地図を頼りに歩きました。アメリカは1本道が違うと、とんでもなく危険地域に脚を踏み入れてしまいます。
駅近くは、いかにもつい最近新しく開拓されたばかりの匂いがプンプン。
こういうとこって、ちょっと行くと、すぐ怪しくなってくるのよね...

予想どうり、歩き進むにつれ、だんだん建物が老朽化してほとんど使われてないかんじ。人通りも少なく、道ばたではこんなものが売られてるし。
d0089685_09550977.jpg
d0089685_09552768.jpg
もうやめようか、どうしようか迷いながら、壊れかけたビルの間を歩き続けていたら、倉庫街に到着。
d0089685_09564778.jpg
d0089685_09571376.jpg
こうやって写真で見ると、そうでもなさそうなんだけど、ちょっと恐い。
他に歩いている人がいないし。

朝「包丁研ぎに行く」と言っておいたから、こんな所で包丁を3本持って何してたんだ。の謎はすぐとけるだろうし、昨日パスポートを持って出てそのままバッグの中に入れ忘れてるから、どういう形で発見されても、身元はすぐわかるだろうし。

なんてこと考えながら、せっかくここまできたからって、そのまま前進。


by london_zzz | 2016-10-27 10:51 | Bethesda_zzz | Comments(2)

Halloween

通りがかりの雑貨屋さん。
Halloweenのディスプレイなんだけど、なぜホットドッグにこの2人?
d0089685_08494905.jpg
d0089685_08501666.jpg
d0089685_08503869.jpg
d0089685_08514247.jpg
トイレットペーパー?
d0089685_08510863.jpg
d0089685_08520903.jpg
ロンドンはもうクリスマスバージョンのようです。
やっぱりヨーロッパはクリスマスの方に力がはいるんでしょうね。


by london_zzz | 2016-10-26 08:52 | Bethesda_zzz | Comments(0)

街角

Bethesda Libraryに借りていたDVDを返却に行く途中、いつも通らない道を歩いてみたら思いがけず。あれ?London?
d0089685_20491544.jpg
d0089685_20562055.jpg
d0089685_20574064.jpg
DVDは返却ボックスがあったので「返却したいんだけど、ここに入れるの?」って聞いたら、おねえさんが受け取ってくれました。
「これだけ?」って聞いたら「これだけ」って。

帰ってから、サイトを確認したら「返却」になってました。
図書館でDVD借りるなんて、何10年ぶり?
システムについていけないおばでした。


by london_zzz | 2016-10-25 21:07 | Bethesda_zzz | Comments(0)

看護師のKatieさん

新作なのかな?
d0089685_02113494.jpg
d0089685_02121301.jpg

ホームドクターのLindaさんのオフィスの看護師のKatieさんは韓国の方。
前回お礼のクッキーを持って行ったとき、Lindaさんが診察中だったので、ちょこっと世間話をしました。Katieさんは、韓国で生まれて子供の頃一家でアメリカに移住したそう。日本語を勉強したので、とても流暢な日本語で
「ワタシハ、カンコクジンデス」

それからは、私が「アニョハセヨ」と言うとKatieさんが「コンニチハ」
「アンニョンヒ ケーセヨ」というと「サヨナラ」がご挨拶になりました。


保険会社から送られて来る請求書は、まさかここまでいいかげんだとは思ってもみなかったので
「さすがにこれはおかしいだろ」と思う高額な請求書はLindaさんに相談しに来てましたが、それ以外のものは「アメリカの医療費は高いから」でろくにチェックもせず、言われるまま支払ってました。
見直すのが恐い。まだ支払っていない請求書の書き直しでこれだと、払い戻しなんて考えるだけでも頭痛がしそう。

ネットで検索してみたら、例えば手術&入院などの時は、麻酔、手術、入院費、人件費などが個別にばらばらと送られて来るので、気を付けるように書かれてます。

今、Mだ氏の血液検査の$400(4万円)と私がLindaさんのところに登録に行った時の$300(3万円)の支払いが保留になってます。メディカルチェックするための書類を書いてもらっただけで、いくらなんでもおかしいだろう。
クレームしてもらって、そのままになってます。

Katieさんとは、同じエイジアンということで親近感を感じてくれてるみたい。
英語でのクレームは私にはムリ!
これからもしっかり頼ろうと思います。


by london_zzz | 2016-10-24 02:14 | アメリカの医療 | Comments(0)

アメリカの医療保険

通りがかりのお宅。
d0089685_06592769.jpg
d0089685_08343913.jpg
後ろに見えた蜘蛛。これ動くんです。
d0089685_07014659.jpg


前回送られて来た、3月に受けたメディカルチェックの請求書は、医療保険で全くカバーされておらず、修正して再送してもらう手続きをとったはずなのに、また全く同じ金額で再請求されてきました。

ホームドクターのLindaさんにクレームをお願いしに、オフィスへ。
診察中の患者さんを待つ間、看護師のKatyさんに、また同じ金額の請求書が送られてきたことを報告。Katieさんはすぐ、血液検査を受けた病院に電話して、その後保険会社に電話してくれました。
前回も彼女が電話して、新しい請求書を送ってくれるよう手続きをとったことを覚えていたので、かなりご立腹の様子。

電話は私達にも聞けるようにスピーカー設定にしてくれたので、やりとりは一部始終聞けます。
いや〜、これ、英語がネイティブでない私達には、とうていムリ!
2回目なんだけどね。

その後、患者さんの診察が終わったLindaさんも参戦 。
保険会社の担当者と2対1。
つお〜いアメリカ女性3人の大バトルになりました。

看護師のKatieさんは、髪の毛をかきむしって怒ってるし、Lindaさんも分厚い保険関連の医学辞書のような本をチェックしながらいつもの穏やかな口調とは全く違って、けんかごし!
なんだかすごいことになってしまいました。
ぼ〜っとみている私達。

この保険会社のガイドブックには、初回のメディカルチェックは無料とちゃんと書かれているのに、いったい何をもめてるんだろ?

結局何が何だかわからないままバトルは終了。
Lindaさんから「この請求書は無視しなさい!絶対に払ってはだめです!」
って、前も同じ事言われたんだけど。

アメリカの医療費は、診察を受けた病院が保険会社に請求。
保険会社が患者の加入保険を確認後、保険でカバーする額を査定。
自己負担の支払額を患者に送ってくるシステムになってます。

これがも〜どうしようもなくめちゃくちゃくで、毎回毎回自分でちゃんとチェックしないと、とんでもない金額が請求されてくることがあるみたい。

日本の健康保険のシステムのすばらしさを思い知らされます。


by london_zzz | 2016-10-23 01:57 | アメリカの医療 | Comments(4)

National Anthem

Mだ投手が所属するDodgers VS Cubsのプレイオフでの国歌斉唱がなかなかでした。イロッシマァ〜からやってきた日本のMだ投手は1年目でこんな大舞台に立てて幸せですね。ガチガチの緊張顔がかあいい。



一方、 アメリカンフットボール、49ersのクォーターバック、コリン・キャパニック選手が試合前の国歌斉唱で座ったまま立ち上がらず
「黒人や有色人種への差別のある国に敬意は払えない」
人種差別への抗議をしたことが問題になってます。

キャパニック選手はその後の試合でも同じように立ち上がらず、人種の不平等と、警察の暴力に対して抗議を続け、さらにチームメイトのエリック・リード選手も同調し国歌斉唱時にひざまずいてました。

彼らに同調したり、抗議を支持する動きは、カレッジフットボールやバスケットにも広がり、中にはチームの大半が座ったまま立ち上がらないこともありました。これ、どうやって終結させるんだろう。

まだ、MLBにまでは広がってはいないようで、なんだかほっとします。

by london_zzz | 2016-10-22 06:28 | Bethesda_zzz | Comments(0)