From London to Bethesda_zzz


London days
by london_zzz
カテゴリ
最新のコメント
みみさん 私は友人..
by london_zzz at 01:26
ZZZ様 私も同じくで..
by みみ at 10:43
みみさん 日本人に..
by london_zzz at 08:45
ZZZ様 私も外国..
by みみ at 11:12
みみさん 現地参戦..
by london_zzz at 01:00
London ZZZ様 ..
by みみ at 09:58
みみさん 削除され..
by london_zzz at 06:03
ありがとうございます。 ..
by みみ at 22:32
みみさん なんとか..
by london_zzz at 07:12
見た〜〜い!!! ..
by みみ at 18:10
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ファッションチェック 10/27

d0089685_2127289.jpgこのあたりはさまざまな人種の人が住んでいて、電車の中でも英語が全然聞こえてこないことがあります。今日、TUBEに目だけをだした真っ黒なベールで顔をおおい、全身をぞろりと長い、黒の衣装をまとった女性が乗ってきました。1人でも、ものすごい存在感です。車内の視線が集中します。が、しかし彼女がななめにかけていたバッグは、スヌーピー柄でした。手には2台の携帯が握られてます。目だけしか見えませんが、かなり若そうでした。まだ10代かもしれません。すばらしいサリーをまとった気品のある初老のインド人女性の靴がNikeの白&ゴールドのスニーカーだったり、アフリカの民族衣装でバッグがヴィトンだった女性もみかけたことがあります。
ぴいこさんにいっちゃお。
この写真の女性は、顔はだしてました。

# by london_zzz | 2006-10-30 21:27 | Comments(0)

Boy&Boy 10/26

d0089685_4234931.jpgTUBEの中で20歳ぐらいのラブラブのB&Bのカップルを見かけました。さすがロンドン。B&GもG&Gも自由にオープンに、どこででも自分たちの愛を表現していらっしゃいます。
が、今日のカップルは、ちょちょちょっとすごかったです。電車の中でそこまでやるか?でもあそこまでやっていただけると、目のやり場に困らなくていいですね。幸い?同じ駅で降りてしまい、2人はずっと私のすぐ前を歩いていたので、後をついて行くことになってしまい、さすがの私もクゥ〜ラクラしてしまいました。
大英博物館近辺でいろいろ用があったのでちょっとのぞいてきました。アフリカのオブジェです。

# by london_zzz | 2006-10-28 04:25 | Comments(0)

southgate 10/25

1.円形に見えるのはTUBEの Southgate 駅
2.この回りを車がぐるぐる回っています。
3.アパートの外観。ここの最上階3 Fです。
4.スーパーマーケット。主に食料品を買います。
5.近所の住宅。緑に見えるのは裏庭だと思います。背中合わせで並んでいるようですね。家の裏側にこんな庭があるとは知りませんでした
d0089685_2145241.jpg


# by london_zzz | 2006-10-27 02:15 | Comments(0)

何に使うの?の謎 10/24

お隣のボーイズの弟くんにほうれん草のゴマ和えを手渡したら「何に使うの?」と聞かれたことは以前に書きましたが、今日ドアをノックしたら弟くんがでてきて"nanikani utsushite"と言ったのです。「そうこれを、何かに移してね」って私。
ん?そういえば前回弟くんに手渡したとき「何かに移して食器を返してね」と言ったら一度玄関から消えて、またそのまま器を抱えてもどってきて「何に使うの?」って聞いたのです。
ひょっとしたら「何に使うの?」と言ったのではなくて「何かに移して」がなんだかわからなくて「何かに移してって何するの?」って聞きたかったのではないかしら。

日本では例えば"How are you?"はHow は疑問詞でareはbe動詞で...という習い方をしますが、彼らはHow are you?のひとことで意味を持つ言葉になるのです。

その後A子ちゃんのやること見て「何かに移して」がどういうことなのか学習したのではないかと思いました。本当なら私が、"Put these stuff into your bowl and bring my bowl back to me."とかなんとか言わなきゃいけないのですよね。私の方が大人なんだし。でも私のおかげで「何かに移して」がどういう行為か学習できたのです。今後何かに役立つとも思えませんが。
ただ1つ不安が。海外の観光地で日本人を見つけては「ヤスイヨ。マケルヨ。」と繰り返す土産物やさんのように、食器にはいった食べ物を持った人を見つけては"nanikani utsushite"なんて言わなきゃいいのですが。
d0089685_19352855.jpg写真はきゅうりです。この大きさでは2人では巨大すぎて手が出せずにいたのですが、以前ママが弟くんはきゅうりとハムのサンドイッチしか食べないと言っていたのできゅうりとハムのサラダなら食べるかなと思って買ってみました。
一番太いところで直径が5.2 cmありました。
ふとっ!

# by london_zzz | 2006-10-25 19:36 | Comments(0)

Tower Bridge 10/23

先週金曜日にやっと生活費の振り込みがあり、アパート代も全納しちゃったので、余裕ができたんでしょうか。現金なもので(そのまんまやん!)観光地に行こう。まずここに行ってみました。やっぱりきれいです。
今、お隣のボーイズは1週間の秋休みなので、どこか行くならケータリングの必要もないから「どこか行くの?」って聞きに行ってきました。弟くんがでて「家にいる」って。後からおにぃちゃんが「なに?」って顔をだしたら「M*wako-san says.....」って私とのやりとりを同時通訳してくれました。私のことをM*wako-san って呼んでくれるんです。隣のおばちゃんじゃないの。
なぁ〜んていいこなんでしょ。
d0089685_7573745.jpg


# by london_zzz | 2006-10-24 07:57 | Comments(0)

キャベツ 10/22

d0089685_4421389.jpg1日雨だったので室内でネタを調達しました。これキャベツです。
ロンドンでは夏は陽が長いので、花火は秋から冬にかけての風物詩なのだそうです。夜には雨もあがってさかんに花火があがる音がしてました。うちからだと直径で約3cmぐらいの大きさで3カ所別々の場所であがっているのが見えました。規模は幼稚園の余興レベルの素朴で地味な基本路線です。スーパーでイチゴがおいしそうだったので買ってきて、暖房のきいた部屋でイチゴをつまみながらの花火見物も風情があっていいものです。

# by london_zzz | 2006-10-24 04:42 | Comments(0)

Google map 10/21

d0089685_256295.jpg

Google mapの上空写真です。今日は1日雨だったので、明日近所の様子を撮影してきます。

# by london_zzz | 2006-10-23 02:57 | Comments(0)

どんぶり探し

ハハが私の好きなラーメンを送ってくれたのですが、食べるどんぶりがないっ!おうどんは、真ん中に鍋を置いて「うどんすきごっこ」でいいのですが、ラーメンはやっぱりどんぶりがほしいかな。土曜日にアンティックなどのマーケットが開かれるというので映画でもおなじみのノッティングヒルに行ってみました。残念ながらどんぶりには出会えませんでしたが、ぶらぶら散歩をするには、雨上がりの快晴で気持ちよかったです。どんぶり探しは、中華街かMUJIに行きます。
さっきM氏が「T田くんの弁当にほうれん草のごまあえがはいってたよ。春雨も見た。T田くんは、M田が食堂のサンドイッチなんか食べてるというのに、ぼくがM子さんの作ったおかずで弁当食べてるのも、いかがなものかって」ボーイズは、おにぃちゃんが卵アレルギーでマヨネーズもだめだし、弟くんはちょー偏食だし、A子ちゃんとぱぱは何でも食べるだろうとは思っていたのですが、まぁ、お役にはたっているようでよかったです。
d0089685_78345.jpg


# by london_zzz | 2006-10-22 07:08 | Comments(0)

行ってらっしゃいの謎

d0089685_3573612.jpgお隣のボーイズがお客さんをお見送りするとき「行ってらっしゃい」というのは以前に書きましたが、先日弟くんがちょうど学校に行くところに出合ったので「行ってらっしゃい。気をつけてね」と言ったら、弟くんのお返事は「行ってらっしゃい」だったんです。ん?
今朝ドア越しに弟くんの「Bye」と言って出かける声が聞こえてきました。なるほど。これで彼の「行ってらっしゃい」の謎がとけました。弟くんの英和辞書では「Bye=行ってらっしゃい」なのです。
今、彼らのママは日本に帰国しているので、ケータリングサービスしてるのですが「ほうれん草のごまあえなんだけど、食べる?」「これ何に使うの?」「えっとぉ....ご飯を食べるときに、おかずと言ってね....」今思うと、弟くんはきっと何か違う別のことを聞きたかったんじゃないのかなって思います。ごめんね。英語で聞いてあげられなくて。
写真は紅葉した木なのですが、甥っ子くんに「枯れた葉っぱなんか見て、何が嬉しいの?」って聞かれた時「子供にはわかんないのよっ!」だったのですが、ロンドンで枯れた葉っぱなんかみても、ちっとも嬉しくないかも。

# by london_zzz | 2006-10-21 03:59 | Comments(0)

YOGA-2 10/19

d0089685_618911.jpg2度目のYOGAクラスに行ってきました。
前回参加したオープンレベルクラスがかなりしんどかったので、ビギナーズクラスに参加するつもりでした。ところがビギナーズクラスは特別コースなので、すべてのセッションを受講するシステムになっていて、1クラだけ単独での受講はできないのだそうです。どのクラスも、行けば参加させてもらえるのだと勝手に (例によって)思いこんでいたので、せっかくきたのにどうしよう。受付のおねぇさんが「1時15分からオープンレベルクラスがあるよ」しばらく暇をつぶしてそのクラスに参加することにしました。

受付で前のレッスンが終了するのを待っていたら、トレーニングウエアー姿の小柄で元気なおばちゃん(私と同じぐらいの年齢だと思う)が入ってきて受付のおねぇさんや顔なじみと思われるクラスの人たちと声高に話しながら、ロッカーにも行かず、もうそこでトレーニングウエアーを脱ぎ始めました。もちろん外からも丸見え。まぁ、上下を脱ぐだけなんですが。イギリス人でハイテンションで機関銃のように話す人はとてもめずらしいし、ああいうキャラの人がYOGAというのもとてもミスマッチです。普通ならエアロビでしょう。レッスン中ずっと誰かに似てるなぁって思っていたのですが、今、ふと思いつきました。コモリのおばちゃまです。

おばちゃまは、スタジオのドアの窓越しに中の様子をのぞきながら「終わった!さぁ行きましょう」って皆に声をかけてさっさとスタジオに入っていきました。まだ前のクラスの人が誰もでてきてないのに。世界中どこにでもいるんだなぁ.....こんなおばちゃま。ところがスタジオに入ってみたら、なんあとまぁこのクラスのインストラクターが、そのおばちゃまだったのです。
あらら、前回の若く美しいおねぇさんとはえっらい違いだわ。

レッスンは天上からつりさげられた壁際のロープにお腹をかけて体をV字に折って壁に足をついてロープにつりさげられるポーズから始まりました。
ひぇ〜っ!
その後もおばちゃまのYOGAには独自のスタイルがあるようで、普通インストラクターは正面にマットを敷いてポーズをとって必要があれば移動するのですが、マイマットをしかず、あっちこっち移動しながら床の上でポーズをとっていきます。おばちゃまは常に精力的に動いてます。スタジオはけっこう広くて所々に柱があるし、大柄な男性のそばにいかれると死角になってしまっておばちゃまのポーズが見えません。英語を聞き取ってポーズをとることができない私は、お隣の2人のおねぇさんをまねするしかありませんでした。

途中おばちゃまが私のポーズを修正してくれたときにポキッポキッと骨がなる音がして
「あら、Nice clickね」って。へぇ.....あの音clickっていうんだ。

最後の瞑想タイムで目の上にアイマットをおかれてしまってあわてました。
何も見えない。
私は薄目を開けてカンニングをしないと何もできないんです。そっとそのアイマットをはずしたつもりだったのですが、しっかり見つかってしまって「No No No ちゃんと乗せていなさい!」瞑想の間、おばちゃまはリラックスのための「気の流れ」を語っていたようなのですが私には、リラックスなんてとんでもない、非常に苦しい瞑想タイムでした。Close your eyes and relax.なんて10年早い。常にOpen my eyes and watch.です。
最後はおばちゃまが歌う「うた♪」で締めくくって「ナマステェ〜」でした。呼吸法では、口を大きく開けて舌をだしながらの口呼吸なんて事もやらされたし、なんだかみょぉ〜に楽しいレッスンでした。

その後おばちゃまは、受付のおねぇさんやレッスン終了後の生徒さん達と声高に話しながら、やっぱり受付で着替えて元気に帰っていかれました。

きちゃないマットはレッスン前にウエットティッシュで拭いて少し気が楽になりました。次回は小さいタオルを持っていって、顔の部分だけタオルを敷こうと思います。
なんでも学習です。1日1歩。
d0089685_6191271.jpg


# by london_zzz | 2006-10-20 02:04 | Comments(0)