From London to Bethesda_zzz

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
きみどんさん ライ..
by london_zzz at 12:51
ラミプリンス!確かに言え..
by shilave at 10:12
きみどんさん アメ..
by london_zzz at 08:44
アメリカの歯医者の治療費..
by shilave at 07:44
きみどんさん いつ..
by london_zzz at 05:55
1. shilave20..
by shilave at 02:47
こんばんは 過去記..
by shilave at 21:16
みみさん あれ?B..
by london_zzz at 23:00
Elton Johnの映..
by みみ at 22:33
みみさん Elto..
by london_zzz at 21:19
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

台湾のMiriamさん-1

8月頃朝の散歩でアジア人らしい女性に毎朝よく会いました。
私は、決まった時間に行くわけではないのに、なぜかほぼ毎日どこかですれ違うんです。最初は、すれ違うときに「おはよう」挨拶だけしてました。

ある日、たまたま折り返し地点で出会ったので「よく会いますね」
そのまま一緒に同じ方向に帰ってくる間に、お嬢さまが8月からN*Hに留学するので生活の立ち上げの手伝いにLAからきていること。
Miriamさんは、台湾出身で、ご主人の留学に伴って一緒に来米。その後市民権を得て、もう30年以上アメリカで生活している。
なんてことを話しながら歩きました。
その後は、会えばちょっと立ち話をするようになってました。

ちょうど同じころ、Marielleさんがカナダから一時的に帰ってきて「お茶でも」と誘われましたが、私1人でお相手するのはかな〜り苦痛。
立ち話程度だったらいいんだけど、お茶となるとちょっと...

なので、Miriamさんにヘルプ!お願いしてみました。
というのもMarielleさんのお嬢さまのLauraさんは台湾の大学に留学して仏教を学んでいたので、話がそっちに行ってくれるかも...

当日、Marielleさんのご主人までいて、良かった〜!
Miriamさんが来てくれなかったら、私1人で2人の相手をしなくてはいけないところでした。

Lauraさんが台湾の大学で学んでいたことが話題になり、なんと!
Lauraさんが学ばれた台湾の大学は、MiriamさんがLAで中国語を教えている中国系の学校の母体で創設者が同じであることが判明!
出会いって不思議。
こんなことってあるんですね。

おかげで、その後はMiriamさんが一手に会話を引き受けてくれる展開に。
私は隣で「うんうん」うなずいているだけ。ラクチンラクチン。
帰り際Miriamさんに心から
「今日は来てくれて、ほんとにありがとう〜!」

その後、私は脚の痛みで朝の散歩ができなくなり、Miriamさんは、LAに帰られたのでLineで「またね〜」と言ったものの、もう会う事はないかな。
と思ってました。

が、明日一緒にラーメンを食べに行くことに。
出会いは、ほんと不思議です。


by london_zzz | 2018-12-02 23:44 | Bethesda_zzz | Comments(0)
<< 台湾のMiriamさん-2 Kるみ先生 >>