From London to Bethesda_zzz

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のコメント
きみどんさん ライ..
by london_zzz at 12:51
ラミプリンス!確かに言え..
by shilave at 10:12
きみどんさん アメ..
by london_zzz at 08:44
アメリカの歯医者の治療費..
by shilave at 07:44
きみどんさん いつ..
by london_zzz at 05:55
1. shilave20..
by shilave at 02:47
こんばんは 過去記..
by shilave at 21:16
みみさん あれ?B..
by london_zzz at 23:00
Elton Johnの映..
by みみ at 22:33
みみさん Elto..
by london_zzz at 21:19
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アメリカの医療 - Dentist 編-2

Mだ氏の従兄弟くんから治療方法についてのアドバイスメールがきました。


歯の件ですが、かなり、ぐらぐら揺れているようでしたら、歯周病が進んでいる状態で、抜歯せねばならない可能性が高いと思います。
しかし、原因が歯周病ではなく、感染根管による根尖性歯周炎の場合は治療により、炎症が治まり、動揺も無くなって保存することも可能です。
両方の並存症の場合は、残念ながら抜歯の可能性が高いです。

もう一つ考えられるのは、かぶせものの土台となっているコア部分(歯の根にくぎ状に差し込んであるポスト状の構造物)のセメントが緩んで、単に抜けかけているだけーということもありますので、この場合は構造物を取り外して、きれいにして再接着か、作り直すということで解決します。
ただ、この場合も、根の部分に亀裂が入ったり、根の部分が縦に破折していたりする場合は、保存不能となります。

では、抜歯が必要という場合について、考えてみましょう。
おっしゃる通り、インプラントか前後の歯を冠でつないで、ダミーの歯と固定するブリッジかということになるかと思いますが、一長一短があります。

ブリッジの場合、前後の歯を1mm厚程度削ってかぶせものー冠を入れることになりますが、前後の歯が健全な場合、大切な歯を守る防護壁ともいえるエナメル質を削らなければならない、というデメリットがあります。

インプラントの場合、その弊害は防げますが、インプラント周囲炎が100%起こります。構造的に、インプラントと歯ぐきが接する部分の清掃が大変難しく、周囲炎が気づかないうちに進行して意外に早く抜け落ちたり、抜去する必要に迫られたりすることもあります。
この場合、歯科医院による定期的な専門的メンテナンスが必須になります。
費用も、比較にならないくらいインプラントのほうが掛かると思います。

それと、一番大きな欠点は、天然の歯に存在する歯根膜という、体の中でもっとも繊細な感覚受容器(センサー)を欠如しているため、生体や脳へのフィードバックが効かず、人によっては自律神経の不調をおこすことがあります。天然の歯は必要に応じて、顎骨のなかで移動しますが、インプラント体は揺らぎや移動も起こらない為、かなり異質なメカニズムの異物が体の中にねじ込まれた状態と言えます。

再生医療からはかなり縁遠い代物で、個人的には、胚性幹細胞やiPS細胞等の応用がもっと進んで歯にも適用されるまでは行う気はありません。

それから、もう一つの選択肢は1本だけの部分入れ歯という方法があります。
これは、食事のたびごとにとりはずして、清掃しなければなりませんが、既存の歯に害を与えないし、違和感もなく、使用できます。
費用も一番安いと思います。私の、いちばんのお勧めは、これですね。


と、いうことでした。
私の友人が数年前に交通事故で歯を折って、100%相手側の過失でどんな高額の治療でもOKだったからインプラントにしたのですが、ここに書かれている周囲炎で手術したばかり。
時間をかけて高額な治療を施してもそんなことが実際に起こってしまうのだったら、考えちゃいますね。

従兄弟くんは、開業医ですが休日を返上して、病院を訪問。
ボランティアで長期入院患者のために歯科治療をされてます。
そんな彼のアドバイスだから、説得力ありすぎ!

アポ第1Rは今週金曜日。
今朝は痛みがずいぶんおさまってます。
抜歯の場合「部分入れ歯」に決心が固まってるみたい。
問題は、果たしてアメリカでこれをやってもらえるかどうか...


by london_zzz | 2018-12-06 00:13 | アメリカの医療 | Comments(0)
<< George H.W. Bus... アメリカの医療 - Denti... >>