From London to Bethesda_zzz

カテゴリ
最新のコメント
今年もありがとうございま..
by みみ at 09:12
みみさん 素晴らし..
by london_zzz at 01:10
大坂すごい!! 災害続..
by みみ at 11:59
みみさん 若き「ウ..
by london_zzz at 01:53
ZZZ様 地元ではU野..
by みみ at 10:33
みみさん しゅ首相..
by london_zzz at 01:05
ummm.....! ..
by みみ at 09:24
みみさん 私は友人..
by london_zzz at 01:26
ZZZ様 私も同じくで..
by みみ at 10:43
みみさん 日本人に..
by london_zzz at 08:45
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2018年 02月 02日 ( 1 )


アメリカの医療 Stomach Ulcer−5

が、しかし、私の好奇心がむくむく。
どんなものが来るのか試してみたくなりオーダーしてみることに。
こんなこと今後まずないだろうし、あって欲しくはないし、私が食べられそうもなかったら、Mだ氏のランチになるし。
まだ朝ご飯メニューが可能だったので、マシュルームオムレツ、フレンチトースト、リンゴジュース、水をオーダー。

料理は30km先のレストランから出前がきた?ってぐらい時間がかかってやってきました。お皿は保温皿のようで、重っ!

レストランでだされるように、暖かくほかほかでおいしそうだったけど、オムレツに全く味がない。後からメニューを見てわかったんだけど、塩、胡椒、ケチャップなどは追加でオーダーしなくてはいけなかったみたい。
でも、ここで追加してもまた、30km先のレストランからくることになりそうなので、フレンチトーストについていたシロップで代用。
あらあら、完食してしまいました。

朝ご飯としては、他にもマフィン、ベーグル、ヨーグルト、サラダ、フルーツなどの選択もあります。ほんとに普通食。

日勤の看護師さんは、長いあみあみドレッドヘアーの黒人のおねぇさん。
点滴を外してもらいながら、日頃の疑問を聞いてみました。
「自分で編むの?」「妹が美容師で、やってくれるの」
「どれぐらいかかるの?」「11時頃から始めて終わったの5時だったかな」
「痛くないの?」「1日目は痛かったけど,今は平気」
「もともとカーリーヘアー?」「ソフトカーリーかな」
「私の髪でもできる?」「んんん、あなたまっすぐだからね。難しいかも」
と、ここでタイムアウト。ほんとは、もっと聞きたかったんだけど。

Bakshiさんからの連絡を待ちます。
Bakshiさんは、この後他の救急が入ったそうで病室には現れず
「潰瘍は広範囲に広がって出血してるので、夕方まで病院にいなさい。1週間後に細胞診の結果を聞きにオフィスに来なさい」
電話で指示がありました。
今日は3連休2日めの日曜日。
ということは昨晩病院から連絡を受け、救急できてくださったんですね。
感謝!

その後、違う医師が来て
「もう1〜2泊して,様子をみよう」
「あのぉ、Bakshiさんからは、夕方帰っていいって言われたんですが」
「Bakshiさんが、そう言ったの?」
「はい」
「じゃ、帰っていいよ」
「あのぉ、夕方って言われたんだけど、何時頃でしょ?」
「3時ごろでいいんじゃない」
やた! 夕方までいるようにと言われただけで、帰っていい。とは言われてないんだけど、あのメニューが背中をど〜んと押してくれました。

医療費が払えなくて脱走する患者さんはたっくさんいたけど、食事のメニュー見て脱走を決意したケースは「ER」ではなかったかも。

看護師さんから帰宅にあたっての諸注意。
まず、すぐにLinda さんとBakshiさんにアポをとること。
薬は処方箋を出すから、薬局に行くこと。
「院内に薬局はないんですか?」
「ここにはないから、外部の薬局に行ってね」
こんな巨大病院で,院内に薬局がないんだ。

帰宅の準備が整ったので「帰るとき呼んでね」と言われていた担当看護師さんをナースステーションで呼んでもらいました。
何か用があるのかな。と思っていたのですが、出口まで案内してお見送りしてくれるためだったようです。
ありがとう。お世話になりました!

帰りはウチまで下り坂なので、ゆっくりゆっくり歩いて帰ってきました。
3連休1泊2日のショートトリップ終了!





by london_zzz | 2018-02-02 00:17 | アメリカの医療 | Comments(0)