From London to Bethesda_zzz

カテゴリ
最新のコメント
みみさん 情報感謝..
by london_zzz at 21:39
またまたQUEEN関連で..
by みみ at 00:04
きみどんさん この..
by london_zzz at 05:25
過去記事見てきました。 ..
by shilave at 16:57
きみどんさん あ、..
by london_zzz at 08:43
むむ? これは? z..
by shilave at 08:05
みみさん 2年前、..
by london_zzz at 08:24
厳しい冬の後、春遠からじ..
by みみ at 09:15
みみさん ラミ・F..
by london_zzz at 07:36
授賞式 Wowwowで見..
by みみ at 14:21
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:London_zzz( 1268 )


Missing Deer

気温マイナス1℃。体感気温マイナス6℃。
まだ11月なのに...

昨日は頭の上から枯れ枝が降って来ましたが、今日は迷い鹿に遭遇。
N*Hの敷地内には鹿が放し飼いされてるから、うっかり出てきちゃった?
まだ子供鹿のようだったけど、おかあさんが心配してるよ。

d0089685_09022572.jpg
d0089685_09024693.jpg


by london_zzz | 2018-11-29 08:59 | London_zzz | Comments(0)

Rock sculpture

オタワに住むLauraさんが送ってくれました。

d0089685_05204499.jpg
d0089685_05205984.jpg
d0089685_05212235.jpg
John Felice Cepranoという作家さんの作品のようです。











by london_zzz | 2018-09-18 05:20 | London_zzz | Comments(0)

Feels like 41℃

US Open tennisは、暑さで大変なことになってます。

このあたりでも気温36℃、体感気温41℃。日陰を選んでゆっくり歩いていても頭がくらくらするのに、ハードコート上であの運動量では、ちょっと...
d0089685_04050573.jpg
選手はもちろんですが、ボールボーイや審判団、だいじょぶなんでしょか。
東京オリンピックが無事に執り行われることを今から願ってやみません。

イギリス在住の友人が「暖房入れたよ〜!」って。
そうでした!
8月も下旬になると、暖房をいれようかどうしようか悩みました。
こちらではあまりに暑いので、夜もエアコンをつけっぱなし。

そして、嬉しいお知らせ!
待ちに待ったUニクロ大型店がやっとオープン!
バスを乗り継いで行くことになりますが、それでも今までの店より遙かに便利。
これでMujiが来てくれれば…

d0089685_04100554.jpg


by london_zzz | 2018-08-30 03:04 | London_zzz | Comments(0)

Party city

Party Cityというパーティグッズ専門店のHalloween CMがアメリカのくせにとても良かったので。
こういう、こわかわいい?こわきれい?な感覚は独特。
仮装するヒトタチに紛れて、ほんとにお隣にいそう...


例年けっこういいもの作ってるんですね。




by london_zzz | 2017-10-13 09:12 | London_zzz | Comments(0)

Apple TV 導入

思いがけない収入で、まずはブレンダーを購入。
回転音の恐怖もなんとか克服できるようになってきてます。
日本のレシピでは、小松菜がお勧めですが、こちらではケールが人気。

人生初ケールなので、いろいろある中どれを使えばいいのかわからなかったけれど、とりあえず試してみたら、そのまま食べるより意外とスムージーにした方がクセがないようです。レタスの方が食べたときはクセがないけど、スムージーにしたらレタスには苦みがあるみたい。
果物は、リンゴ、オレンジ、グレープフルーツなどで充分。

カット済みを袋づめされたケールは、枕か!な、大きさ。
お客さんの時、枕カバーかけて黙ってたら、使えそう。



次ぎに、Apple TVを導入!
今までiPadのちっちゃい画面で観ていた、違法サイトの日本の番組がTVで観れるようになりました。
アイロンをかけながら、日本のドラマが観れるしあわせ!



あとは、ちょっと贅沢に晩ご飯。
Mだ氏と同じビルで時々見かける若い日本人研究者をナンパしたところ、ご夫婦で留学されてるそう。

ところが、今月初め彼らの11階のアパートの部屋が、水没!
11階の部屋が、なんで、水没?
水道管が破裂して朝起きたら床上3cm浸水。
復旧待ちで、いまだにホテル生活が続いているそう。
で、お見舞いゴチ!の予定。


思いがけない収入というのは、所属している部門の大ボスが突然やってきて
「キミ、病気治療中なんだってね。ボーナスだすよ」

え〜っ!?いっくらもらえるのかな〜
$1,000もらえたら、新Mac導入のつもりだったのですが、そこまでは出ず、ブレンダー、Apple TV、ちょい豪華な晩ご飯ということになりました。


by london_zzz | 2017-07-26 02:57 | London_zzz | Comments(0)

Power of Love

ロンドン時代同じ研究室だった台湾くん夫妻は、現在NY在住。
彼らの大学時代からの友人がN*Hにいて、台湾くん夫妻がNYからDCに遊びに来た時のお宿になっているので、何度かウチのご飯会で会ってました。
ガタイがよく穏やかで頼りがいがありそう。
もうアメリカに12年いるので、そろそろ次のステップに。
なんてことを昨年のクリスマスのご飯会で言ってました。

北京に行く話があるそうなんだけど、大気汚染がネックになってるみたい。
中国の爆買いは科学会にも広がっていて、彼だけではなく日本人研究者からも数人「中国に行く」もしくは「中国に行くかも」という話を聞いてます。

先週彼のFacebookにBye Bye USA。12年間ありがとう。
という投稿とDCやN*Hのラボやアパートの写真があがっててびっくり!
えっ?!どこ行くの?北京?
台湾くんに問い合わせたら、なんと!彼は台湾に帰るんだそう。
へっ?!

彼は今年1月に台湾に一時帰国した際、運命の女性に出会いお互いに一目惚れ。
そこからはPower of Loveに背中をおされまくりの怒濤の勢い。
いったんDCに帰ってすぐさま台湾の製薬会社に職を得、彼女の待つ台湾に帰国を決める。というジェットコースター展開だったそう。

いやぁ〜 若いって素晴らしい。
うまくいく話って、こういうもんなんですね。
彼なら頼りがいがある、いいパパになりそう。

d0089685_07404104.jpg
人生初体験のたこ焼きが、すっごく上手にできて「これでバイトができる!」って喜んでましたっけね。
研究職を引退したら台湾でたこ焼き屋さんとかいいかも。
なんだかみょうに似合ってそう。
彼のお人柄なら、何をやってもだいじょぶ。成功しそう。
Good luck in Taiwan!


by london_zzz | 2017-06-06 04:59 | London_zzz | Comments(0)

The Caspian Hotel B&B-3

翌朝やはり朝ご飯のチケットを渡されたので同じカフェに行ったら、同じおじさんが食事中で「朝ご飯だよね」テーブルにリンゴ1個、オレンジ2個、バナナ2本、注文を聞いて置いて行きました。
今日はバナナは2本あるけど、リンゴは1個しかないのね。

コーヒーをいれながら
「ポットとドライヤーありがとうね。大切に使わせてもらうよ」
あれ?渡したのはホテルのオフィスにいたおねぇさんなのに話が通じてる。

彼はホテルのオーナーでこのカフェを最近買ったんだそう。
で、カフェを早朝から営業するのでホテルと両方では経費がかかるから、今はホテルのお客さんには、このカフェでの朝ご飯にしているそう。
サイトの写真のように実際のキッチンもとても素敵なのに。

Caspianというホテルの名前は彼の出身地なんだそうです。
そうそう。ロンドンのB&Bが、なんでCaspian?って思ってました。

おじさんは、私たちがEalingに8年住んで、明日アメリカに行くと言うと
「私も以前Ealingに住んでたんだよ。Eaton Rise?番地は?私は34。時代は違うけどすぐ近くだったんだね」

「明日は何時のフライト?ここは7時30分に開けるから、料理はできないけどパンとコーヒーなら用意してあげられるから朝寄っていきなさい。タクシーは予約してるんだよね。それから入り口のテーブルに置いてあるノートに日本語でメッセージ残していってね」
なんだかお父さんみたい。お世話好きでナイスなおじさんでした。

ホテルは暖房が入っているような、いないような。
シャワーのお湯が出ているような、いないような。
まさに、イギリスのB&Bなんだけど、妙に快適でした。
真冬にこれではちょっと困るけど、夏場だったら問題なし。
もし、また訪れることがあったら、まちがいなくここに泊まると思います。

翌朝ホテルに迎えに来てくれたタクシーのおじさんもすっかり常連さん。
最初はアパートから、がらがらスーツケースを引っ張っていってたけど、8年間でトシとりました。もうタクシーでなくては荷物持って空港には行けません。

いつも同じタクシー会社に予約していたのですが、最初はいろんな人が来てたけど最近はいつもこのおじさん。一度も留守中に空き巣泥棒に入られなかったから、泥棒軍団とつるんではなかったようです。

「あれ?今日はどうしたの?」
「アメリカに行くんです。車、新しくなりましたね!」
空港では、Good Luck in USA!
笑顔で送ってくれて、ちょっとむねきゅん...
こちらも、また来ることがあったら、よろしく!です。

by london_zzz | 2015-12-30 12:44 | London_zzz | Comments(0)

今度はトイレ

シャーロット王女の6ヶ月の写真が公開されましたね。
今朝のNBCニュースでもこの話題が取り上げられてましたが、なんだか遠くなっちゃったなぁ。キャスター達の「みんな、かぁいいウチの子」感も全然ないし。
ハリー王子のご成婚の時には、ロンドンに行こっかな。
ホテルのTVでBBCニュースを見てるだけでいいんだけど。
6 months old Princess Charlotte



と、これに繋げるのも気が引けるのですが、今朝はトイレがつまりました。
フラッシュしたら水位がどんどんあがってきます。

止まってくれぇ〜!!!
祈りが通じたのか、すんでの所で決壊しなかったので悲惨な思いはしないですんだけど、どうしよう。
またマネージャーに電話したらきっとすぐあのエイジアンおじさんが、ニコニコ来てくれるでしょうが、今日は日曜日。前回のキッチンはThanksgivingの翌日で本来お休みだったし。申し訳けない気がします。
トイレは2つあるし、もう1つの方を使えばいいから明日にしよう。

とは思ったのですが、やはり気になるので、ばっこんばっこんするやつを買いに行くことにしました。でもなんて言うんだろ?
検索したら"Plunger"でHardware Storeに売ってるらしい。
最寄りのHardware Storeにはバスと地下鉄を乗り継いで行けるみたい。

ネットに「安いヤツでは効果がないこともある」と書かれていたので、いちばん強力なヤツを買ってきました。帰りに寄ったスーパーのトイレに同じヤツが置かれていたので、期待できそう。

で、めでたく開通!

同じラボにロンドンからやってきたスペイン人の留学生くんがいるのですが
「DCでの住まいは、ロンドンと比較して完璧で最初ほんとに感動したけど、実際住みだしたらやっぱりいろいろ起こるんだよね〜」だそうで。
はいはい、おおせのとおりでございますわね。

キッチンのシンクの水漏れとトイレ詰まりはメジャーなトラブルのツートップ。
これを乗り越えたらしばらくは安泰でいてくれるのではないでしょか。

by london_zzz | 2015-11-30 10:14 | London_zzz | Comments(0)

Free

家庭用品をどの程度持って行くか悩んだんですが結局、お皿2枚、コップ2個、お箸とフォーク、果物ナイフでほとんどピクニックレベル。
お鍋も悩んですべて船便にしてしまいました。

このアパートに引っ越してきたら郵便受けの小部屋にFreeと書かれた段ボールに入ったお鍋と時計が置いてありました。
かなり使い古されているみたいだけど、使えないことはなさそう。
ありがた〜くいただいてきちゃいました。
d0089685_6325296.jpg

食器は船便の到着まで、使い捨てのパーティグッズかな…

by london_zzz | 2015-11-26 06:31 | London_zzz | Comments(0)

Bethesda

ISの次の標的にされてしまった、Washington DCに飛び込んじゃったせいでみなさんにとてもご心配おかけしてます。
ホワイトハウスを燃やすつもりらしいけど。

ラボのメンバーは、狙われているから警戒も厳重で安全だから平気さ!
という話なんですが、確かにNIHはアメリカ政府管轄の国家機関なので、ここがやられたら面目丸つぶれ。
国家の威信にかけて守ってくれるんではないでしょか?

NIHは、正確にはWashington DC中心部から地下鉄で20分ぐらいの隣り街?群?市?(日本語表記がわかりません)のBethesda にあります。
ラボのメンバーは、地下鉄Bethesda駅を中心にDC寄りだったりDCとは反対方向だったり駅周辺に住んでいるようです。

Mだ氏は車で通勤するのはいやや!と言うし、私も車の運転ができないのでNIHに、歩きまたは自転車で通勤可能&買い物可能なアパートを探してました。
となると選択の余地はなく、今はもうネットで何でも調べられるので、ほぼあたりをつけてました。おかげで朝、不動産屋さんに行って、その日の夕方には部屋の鍵をもらうというスピード決断。

というのも、このアパートには13ヶ月のリース契約で2ヶ月分の家賃が無料!
という涙が出そうなプロモーションがうたわれていたのでした。

担当してくれた黒人のおねぇさんが
「どんな部屋を探してるの?」
「13ヶ月のリース契約で2ヶ月分家賃が無料の部屋!」
と答えたら大爆笑されてしまいました。

というわけで、部屋の見学も同じ建物内3カ所と道をはさんだお向かいの建物1カ所の4部屋のみ。さらに13ヶ月過ぎた後は、NIH職員スペシャルということで5%の割引価格になるんだそうで、迷うことなく即決。

これでシクラメンさんの新居も決定!
同じ建物内で同じ間取りで、どうしてこういうプロモーションがあるのか、よくわからないのですが、各部屋の大家が、安くしてもすぐ入ってくれる方がいい。という考えだとこういうことができるらしいです。

私も1ヶ月無料と2ヶ月無料とどちらにしようか迷ったのですが、部屋そのものは1ヶ月のほうが好きでしたが、やっぱり2ヶ月の部屋を選択しましたから。
お化けがでるとか事件があった問題のある部屋とかいうことではなさそうです。

by london_zzz | 2015-11-22 06:54 | London_zzz | Comments(0)